海外留学を予定している方の保険比較

海外留学は慣れない土地、日本語ではない言語で生活と学業を行うのでただでさえ緊張をすることでしょう。旅行に行くだけで、日本のように水道水を飲み水に出来る国は世界的にそう多くはないので、お腹を壊してしまったり、気候の違いから体調を崩したり、移動の疲れで発熱をしたり、海外でトラブルに見舞われることは少なくありません。加えて治安に関しても日本は世界でも治安の良い国としてよく知られた国です。海外へ行くとスリや置き引きなどにあう可能性は必然的に日本よりも高くなります。日本では怖い経験をしたことがないとしても海外でも同じ感覚で過ごしていると想像もしなかったトラブルに巻き込まれる可能性があります。また、留学では長期に渡る渡航を予定されていますので、保険には入っておくにこしたことはありません。

海外留学が決まったら保険に加入

留学の期間にもよりますが、海外旅行の場合と違い、長期間に渡って補償してくれる商品は高額になる傾向にあります。旅行の場合、加入することを忘れていたとしても、空港などで加入できるサービスカウンターが設置されているので簡単に加入することが出来ます。また、金額も短期間の商品の場合、会社によって大きな差はありません。そもそもの金額が控えめですので、旅行の際に色々な会社から資料を集めて補償内容などを含めて比較検討しようとしない場合もあるでしょう。しかし、長期の留学となると事情が変わってきます。まず、渡航前に加入しておかないと留学のような長期の補償を行ってくれる商品に加入することが出来なくなります。一度渡航すると加入できないという点を知らないでいると慌てることになりますので、留学が決まったらどの商品に加入するか考え始めましょう。

補償内容によって変わってくる価格

海外留学の間補償してくれる保険ですので、その価格も高額になります。10万円、20万円とこれまで加入経験のない金額の請求になりますのでよく比較して納得のいく商品に決めるようにしましょう。特に学生さんの場合はお金に余裕がある訳ではないので、どうしても価格の安いものを探してしまう傾向にあります。しかし、補償内容を薄くすれば、支払う金額を抑えることは出来ますが、いざという時にカバー出来ないようでは意味がありません。いざという時に使えなかったということがないように、もちろん支払う金額も大切ではありますが、自分がこれから渡航しようとしている国や地域での長期に渡る生活を安心して過ごすことが出来る補償がきちんと付帯されているのかよく調べておくようにしましょう。